Contribute to welfare community with our honesty and smile.


利用者さんの笑顔をみられた時は...

サンライフ彦坂で働くようになったきっかけを教えてください。

morita0.jpg私がサンライフ彦坂に就職したのは以前、委託の会社の社員としてこの施設でいろんな事を学ばせてもらい、勉強させていただいたからです。いろんな思いがあるこの施設からまた声をかけていただき、前任の管理栄養士と以前は委託と施設側という関係でしたが、また一緒に仕事できる事で初めて施設の管理栄養士として働くにあたっての不安も少なくなると思い、就職しました。

この仕事のやりがいや、仕事を通じて学んだことは何ですか?

morita2.jpg普段の生活や家族に高齢者がいるので、以前よりも自分が心穏やかに接しられるようになったと思います。ただ正直、福祉って何?と思いながら働いています。最近は、一人で業務をこなしている忙しさであまり考えなくなりましたが、以前は時間に余裕もあり、そういう事を考えて自分がここに来て何をしているか分からなくなっている事もありました。osechi.jpgでも、ここにいる利用者さんが願っている事、やりたい事に沿った事が出来ればいいと思いながら仕事しています。利用者さんの笑顔をみられた時は本当に嬉しく思うし、接している時に人生の先輩として敬う気持ちを忘れないようにしたいと思います。普段、若い人と接する事が多い職業やそういう生活をしている人たちと比べて高齢者の皆さんに接している分、いろいろな事を考える機会も多いし、視野も広くなるかなぁと思ったりもします。

老人施設の管理栄養士ならでは、という仕事はありますか?

morita4.jpgおせち料理栄養ケアマネジメントを行なっていることです。今までは、利用者の栄養状態を一人一人把握して何が必要かを考えていく事が具体的にできていなかった分、今は把握できるようになりました。
また、老人施設に限った事ではないかもしれませんが、昔の風習を重んじてこられた皆さんだからこそ、季節の行事や食材の旬を感じられるような献立の作成を心がけています。
対象者が高齢者であり、人生の先輩として敬い、逆に利用者から教えていただくような気持ちで働けるよう努めています。
(サンライフ彦坂 栄養員)

このブログ記事と同じカテゴリの記事