社会福祉法人豊寿会:あいそら羽島

hasebee@編集長: 2007年9月アーカイブ

9月のチャレンジメニュー

9月28日にチャレンジメニュー(メキシコ)を提供しました。

献立:鶏のグリル・サルサソース  エビとアボカドの和え物  フリホーレス(うずら豆の煮込み) 野菜スープ農家風

 一般的に辛いことで知られているメキシコ料理は、世界的に人気があり、特に隣国のアメリカではアメリカ風にアレンジされ、広く普及しています。
 主食はトルティーヤと呼ばれる、粉を練って伸ばして焼いた薄いパンの様な物で、北部では小麦粉、中・南部ではトウモロコシの粉を使った物が主流です。基本的には、豆やトウモロコシ、鶏肉を原材料に使ったメニューが主体になっており、他にも米や魚類・牛肉なども使われます。一見単純に見えて、繊細な味がその人気の理由とされています。
 海に囲まれているため、魚介類も豊富で、魚やエビなどを使った料理も多く、特に日本にとってはエビの大きな供給源として知られています。
サルサはスペイン語で『ソース』のことで、アレンジ次第でいろいろなソースがあるそうです。サルサの歴史は何と14世紀頃のアステカ文明まで遡る事ができ、トマトやチリ・豆などをすり鉢と石の棒ですりつぶした、シンプルなサルサを作っていたそうです。オイルを使わず、茹でたり焼いた魚や肉にサルサを組み合わせたこの時代のメニューはとてもヘルシー。今日のメキシコ料理の基本となっているそうです。

今回も利用者の方の作成したポスター(添付写真)を事前に貼りだし、提供前に案内アナウンスをしてアピールしました。またいろいろな方法でアピールをし、チャレンジメニューを盛り上げていきたいと思います。
0909281.jpg0909282.jpg

8月のあいそら陶芸教室

8月の陶芸教室は今までと少し方向性を変えた作品作りを致しました。
ここ最近の教室では、形にこだわった作品が多かったのですが(カブト、お地蔵様等)今回は下絵付けをテーマに頑張ってみました。
以前から下絵付けは行っておりましたが、今月はかなりの自信作が揃いましたので、ここで発表したいと思います。
因みに下絵付けとは、釉薬をかける前に直接素地に絵などを描くことです。(3月13日のブログ参照)
下絵付けは昔は呉須(コバルト系の絵具)や鉄(茶色系の絵具)に限られておりましたが、現在では何色もの下絵具が市販されており、色鮮やかな仕上がりとなりました。
それでは生徒さん達の力作をどうぞご覧下さい。
0709051.jpg0709052.jpg
               下絵付けをした作品です

岐阜県議会 厚生環境委員会の視察がありました。

9月3日(月)岐阜県議会議員の厚生環境委員会の県内視察(岐阜地域)がありました。
冒頭に、藤墳 守委員長から挨拶をいただき、続いて当法人理事長から整備の概要、福祉を取り巻く現状を説明、また施設長からは開所1年を振り返り現場で抱える問題を施設を預かる生の声として説明させていただきました。この後、施設内を見学され利用者の方々と会話を交わしておられました。また、授産で作ったパンをお買い求めいただきました。
今回の視察で、岐阜県議会議員 厚生環境委員会の方々に直接障がい施設に触れていただく機会をいただき有意義な時を過ごすことができました。関係者の方々に感謝いたします。ありがとうございました。
0709031.jpg0709032.jpg
0709033.jpg0709034.jpg

最近のブログ記事

9月のチャレンジメニュー
9月28日にチャレンジメニュー(メキシコ)を提供...
8月のあいそら陶芸教室
8月の陶芸教室は今までと少し方向性を変えた作品...
岐阜県議会 厚生環境委員会の視察がありま
9月3日(月)岐阜県議会議員の厚生環境委員会の県...
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.

このアーカイブについて

このページには、hasebee@編集長2007年9月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはhasebee@編集長: 2007年8月です。

次のアーカイブはhasebee@編集長: 2007年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ