社会福祉法人豊寿会:サンライフ彦坂

hirano@栄養員による最近のブログ記事

「土用うなぎ」をおこないました

7月27日(火)に昼食会として1階ホールで焼きたてのうなぎをうな丼にして提供しました!ホールにはうなぎのいい香りが広がり、目の前で焼かれたうなぎに利用者の方々も喜ばれていました。

職員が中庭でうなぎを焼いていることを伝えると「そりゃいいわ、おいしかったよ。」言われ、うなぎを焼いている所へ行って厨房職員へお礼を言われる利用者さんや普段は食事量が少ない利用者さんが今日は完食され、「美味しかった。」と涙目で話され、「バンザイ!バンザイ!」と喜ばれる様子もありました。

1ヶ月以上前から楽しみにされていた利用者さんは、「待つと長いけどちゃんとこの日がくるんやね。」と笑顔で完食されました。

IMG_2675.jpgIMG_2679.jpgIMG_2695.jpg

おにぎり祭りをおこないました

| コメントする

4月16日(金)に特養で『おにぎり祭り』を行いました。

たけのこご飯、梅、菜飯の3種類のおにぎりを作り、昼食時に食べました。
おにぎり作りは、台所を守ってきた女性陣にとってはお手のもので、手際よく握って、「なつかしいわ」と話されていました。男性陣も負けじと参加され、しっかりとおにぎりを握っている姿がありました。

食事時は、自分たちで作ったおにぎりは格別に美味しく、笑顔が多く見られました。また、普段は粥食の方でも、十分な見守りのもと食べて頂き、食欲増進に繋げることが出来ました。

『おにぎり祭り』を皆さんに楽しんで頂くことが出来ました。

CIMG8035.jpgCIMG8063.jpgIMG_2640.jpg

ぜんざいを作りました

| コメントする

3月23日(火)に2階で、3月24日(水)に1階と3階で、手作りおやつとしてぜんざい作りを行いました。
積極的に取り組まれる方も多く、安全に配慮して楽しくぜんざい作りを行い、美味しく食べることが出来ました。

エプロンをつけると「私は何にもできやへんよ。」と話をされていた人も鍋にあずきを入れると「何ができるんや?」と興味を示されました。お玉で混ぜたり白玉を入れる作業を行ない、ぜんざいが出来上がると「甘くておいしいわ。」と笑顔を見せられました。
CIMG5908.jpgCIMG5889.jpg

今回の手作りおやつが、21年度最後の食事起案でした。
毎月さまざまな内容の起案(おにぎり祭り、いなり寿司作り、漬け物作り、干し柿・梅酒作り等)を行ってきました。各行事で積極的に取り組まれる姿が見られ、食事から季節を感じていただくと共に、調理することの楽しみ、食べることの楽しみ、さらには生活意欲の向上に繋げることが出来たのではないかと思います。

来年度も、今年度人気のあった物を中心に食事起案を計画していきます。
CIMG7374.jpgCIMG5934.jpg

今年もいただきました。

3月10日に、『愛のお菓子一握り運動』として岐阜菓子工業会様よりお菓子を寄付していただきました。
CIMG6995.jpgCIMG6997.jpg
早速お菓子を配ると、「おいしい、おいしい。」といいながら食べる人、鮎菓子をお一人に渡すと、その隣の人に半分ちぎって渡され、さらにその人がちぎって隣の人に渡されていました。とても優しさの伝わる、温かい光景でした。
他にも飴をいただきました。利用者の皆さんは口寂しい時に良く飴を食べられるので、大変ありがたいです。
毎年、お菓子の寄付本当にありがとうございます。

寿司祭りをおこないました

| コメントする

3月10日のお昼に特養で寿司祭りをおこないました。

「今日のお昼ごはんはお寿司ですよ。」と職員が声をかけると、「それはごちそうや。」と嬉しそうにされ、皆さんが楽しみにされていました。
画像 010.jpg画像 015.jpg

それぞれ自分の好きなネタを注文し、「おいしかった、ありがとう。」「うまかった、本当にうまかった。」などの声が聞かれ、「おなかぽんぽんや。」と満足そうにお腹をなでながら話をされる人もいらっしゃいました。

毎年恒例の行事ですが、皆さんに喜んでいただくことができて本当によかったと思います。
画像 020.jpg画像 001.jpg

冬のあったか祭りをおこないました

| コメントする

2月24日(水)に冬のあったか祭りで昼食にシチューを提供しました。

前日には下準備を行いました。
多くの利用者の方が参加し「こっちにも貸して。」と言う声や「これはりっぱな人参やな。」と言う声が聞かれました。

包丁でじゃがいもの芽を取って下さる方、皮がきれいにむけていないと包丁できれいに剥いて下さいました。慣れた手つきで包丁を握り切ってみえました。

皆さん下準備をした事から「明日のシチューが楽しみ。」と昼食を楽しみにしてみえました。

当日は自分で盛りつけを行いました。
皆さんが切った具材である事を伝えると「それは美味しいね。」と笑顔で話され、お代わりをしてみえました。
CIMG4633.jpgCIMG4719.jpg

いなり寿司作りをおこないました。

| コメントする

1月26日(火)10:30から各階にて、手作り昼食会「いなり寿司」作りを行いました。

「いなり寿司」は昔から良く作っていたと話す利用者が大半で手際もよく、あっという間に作りあげました。
普段と違う主食が昼食となると「今日は祝い事でもあるんかな」と話す利用者の声を耳にしました。

テーブルを囲んで、利用者、職員共に楽しい雰囲気で行うことが出来ました。
CIMG4081.jpg画像 041.jpg画像 040.jpg

今日は七草粥でした。

| コメントする

今日(1月7日)のお昼は七草粥でした。
この、七草(せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入ったあつもの(熱い吸い物)を食べる風習のことです。この7種の野菜を刻んで入れた粥(かゆ)を七種粥(七草粥)といい、邪気を払い万病を除く占いとして食べます。また、呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあります。

1階では、土鍋で提供し、おかわりの時にはご自分で土鍋からよそって食べていただきました。おかわりも皆さん完食で、はじめは「お粥かぁ。」と気乗りされていなかった人も「おいしい。」とおかわりされていました。

2階でも土鍋1杯おかわりを提供しましたが、2/3以上無くなっていました。多くの人がおかわりされたようです。

3階では、食事前に皆さんに七草についての説明を聞いていただきました。職員が七草についての風習の話や由来を説明し、直接読んでもらえる人には読んでいただきました。

「私は禅宗だから、昔、七草を食べていました。味は忘れてしまったけど、今日のはおいしいですよ。」と話をされた利用者さんもいらっしゃいました。

nanakusa1.jpgnanakusa2.jpg

七草粥は現代の豊かな食生活の中では、決しておいしい食べ物ではないかもしれませんが、こういう日本の風習を大切にした行事として意識してもらいたかったので、利用者の皆さんに説明して、少しでも「なるほど。」と思っていただけて良かったです。

1月には他にも13日に左義長を行いますし、15日に小正月があります。この日の朝には小豆粥を食べる習慣があり、古くは『土佐日記』や『枕草子』などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されているそうです。15日の朝には小豆粥を提供します。またお粥にちなんだ会話が聞こえてきそうです。

nanakusa3.jpgnanakusa4.jpg

漬け物作りをおこないました。

| コメントする

8月の夏野菜に続き、今回は冬野菜(大根・白菜)を使用し、漬け物を作り、夕食で食べました。

男性の利用者さんも「よっしゃー、なんでもするよ」と元気に返事をされ、エプロンを身につけ、手際よく大根を切り、塩もみの作業も力を込めて行われました。
「できるかしら」と話された人も、包丁を持ち大根を目の前にすると、ゆっくりと丁寧にいちょう切りにする姿がみられました。また揉む作業では、「あぁ、これは力がいるね」と話しながら、真剣な表情で作業をされました。
CIMG2883.jpgCIMG2898.jpgCIMG2766.jpg

その後で食べた感想を聞いてみると、「自分達で作ると美味しいね」「もう少し食べたいわ」と笑顔で話されました。

どの利用者さんも毎年の恒例の行事ということで皆さん慣れた手つきで、積極的に参加して下さり、手際よく真剣に取り組んで下さいました。
CIMG3999.jpgCIMG3615.jpgCIMG3997.jpg

甘くておいしい干し柿ができました!

| コメントする

 先月、作った干し柿ですが、そろそろ食べ頃になってきたので12月1日の午後から1階のホールにてみなさんで一緒に食べました。
 1階の中庭に干してから約2週間、徐々に色づいていく干し柿を見てショートや1階の利用者さん同士「あの柿、いい色になってきたね。」「もう食べられるんやないかね?」などと話をされる姿があり、出来上がるのが待ち遠しい様子でした。

 さっそく取ってみなさんに配ると「いい色やね。」「おいしそう。」と話をされ、食べて頂くと「おいしい。」「甘いわ。」と笑顔で食べる姿が見られました。
食べ始めると止まらない様子で「いくつでも食べれるわ。」と笑顔で話をされていた利用者さんもいらっしゃいました。
hosigaki.jpghosigaki1.jpg

 次の日には、2階や3階へも配ってみなさんに食べて頂いています。3階に持っていった際、ボール一杯に入った干し柿を見た利用者さんが「ああ、干し柿やないか!早くちょうだい。食べたいわ。」と元気良く話をされ、切って渡すと「うん。甘い!これはおいしい。」と嬉しそうにすぐに食べられていました。
 2階では食事形態に合わせ、細かく刻んだりペースト状にしてみなさんに食べて頂いています。
 今年もおいしい干し柿がたくさんでき、会話しながら楽しく食べて頂くことができました。
hosigaki3.jpghosigaki2.jpg

最近のブログ記事

「土用うなぎ」をおこないました
「土用うなぎ」をおこないました
7月27日(火)に昼食会として1階ホールで焼きた...
おにぎり祭りをおこないました
おにぎり祭りをおこないました
4月16日(金)に特養で『おにぎり祭り』を行いま...
ぜんざいを作りました
ぜんざいを作りました
3月23日(火)に2階で、3月24日(水)に1階...
今年もいただきました。
今年もいただきました。
3月10日に、『愛のお菓子一握り運動』として岐阜...
寿司祭りをおこないました
寿司祭りをおこないました
3月10日のお昼に特養で寿司祭りをおこないました...

最近のコメント

Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.

このアーカイブについて

このページには、hirano@栄養員が最近書いたブログ記事が含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ