社会福祉法人豊寿会:サンライフ彦坂

ライブラリ

発表資料

サンライフ彦坂が発表した研究、資料を公開しています。

口腔機能の維持向上と食事のケア~歯科医師、歯科衛生士と関わりとその役割~

平成24年度全国老人福祉施設大会<広島大会>(平成24年10月23日)でサンライフ彦坂が研究発表した内容を公開します。

人材育成の実践~個性有る職員教育~

平成23年度東海北陸ブロック老人福祉施設研究大会<石川大会>(平成23年8月2日)でサンライフ彦坂が研究発表した内容を公開します。

安定して質の高いサービス提供を行うには介護現場で働く素質有る職員の確保が不可欠であるが、将来的な日本人スタッフ不足の可能性を見越して、幅の広い雇用形態を確立する為、次の三点を取り上げた。
・日本人介護職員の教育体制確立
・EPA研修生の受入インドネシア第1期生 平成20年来日
・海外国籍職員の採用

心で心をサポートするシステム作り

平成22年度全国老人福祉施設研究会議<富山会議>(平成22年11月15日)でサン­ライフ彦坂が研究発表した内容を公開します。

・利用者個々の個性ある心を引き出し、やりたいことを実現できる環境作りをする。
・職員の共通認識を深め、「心」を共有したサービス提供ができる環境作りをする。

利用者の思いを叶える取組み

平成22年度「介護の日」フォーラム(平成22年11月11日)でサンライフ彦坂が事例発表した内容を公開します。

「介護の日」でユニークな取り組みを発表―厚労省などがフォーラム
厚生労働省と全国社会福祉協議会は「介護の日」の11月11日、東京都内でフォーラムを開催し、厚労省が募集した介護職員によるユニークな取り組みが紹介された。介護従事者や学生など、主催者発表で600人以上が来場した。
「介護職員による『ユニークな取組み』発表会」では、厚労省に推薦された62施設・事業所のうち4つが選ばれ、それぞれの取り組みを発表した。(中略)
サンライフ彦坂(岐阜市)の特別養護老人ホームで働く服部誠司氏は、利用者それぞれの希望をかなえる「個別誕生日会」で、子どもとの交流を望む利用者には職員の子どもを連れて来ることなどを紹介した。服部氏は、誕生日会を通して利用者が最も望んでいることを理解し、会が終わった後に継続して実現していくことが重要だと述べた。( 2010年11月11日 23:18 キャリアブレイン )

個別ケアを高める多職種連携について

平成22年度東海北陸ブロック老人福祉施設研究大会<愛知・名古屋大会>(平成22年6月23日)でサンライフ彦坂が研究発表した内容を公開します。

20100623nagoya.jpg高齢者は、毎日の生活における健康への不安や家族に心配かけたくないという強い思いと、悠々自適に"ぼちぼち"と生活が出来たら嬉しいという思いを持っています。この思いを支える基盤として、次のことを課題としました。
・利用者が「やりたい」と思っていることを実現する為に必要な健康管理と職員連携を実施することで、「できるんだ」という思いを引き出し、目的を持った楽しい生活をおくって頂くこと。
・情報共有のシステム化、途切れることのない連携で、本人・家族に安心していただけるサービスを提供すること。

充実した日常生活をコーディネートする

平成21年度全国老人福祉施設研究会議<鹿児島大会>(平成21年12月3日)でサンライフ彦坂が研究発表した内容を公開します。

091203kagoshima.jpg生活歴、趣味をもとに日常生活をコーディネートすることを全職員が意識し、ひとり一人の楽しい時間を増やすことを目指した。また、世代間交流を通し、子ども達との交流で高齢者が生き甲斐(役割)を持ち、お互いに楽しく地域生活出来る環境を作り出すことを目指した。

クオリティー・マネジメント

平成19年度全国老人福祉施設研究会議<岐阜大会>(平成19年11月22日)でサンライフ彦坂が研究発表した内容を公開します。

071122gifu1.jpg個別ケアを実践し、ケアプラン・援助内容の充実化を図る中で、アセスメントからモニタリング迄の流れに着目した。より質の高い個別ケアを実践するためにはアセスメントからケアプランまでの流れをより円滑化することで、サービスの質を今以上に高める事が出来ると考える。

ひとりひとりの生きがいをサポート~心のケアに笑顔を添えて

平成19年度東海北陸ブロック老人福祉施設研究大会<福井大会>(平成19年7月25日)でサンライフ彦坂が研究発表した内容を公開します。

070725photo.jpg利用者の日常生活・生活背景を尊重し、本人が「やりたいこと、できることは自分でやりたい。」という心を引き出し、日常生活を笑顔で送っていただけるサポートを行うことを目的とする。
各委員会が中心となり、それぞれの角度から利用者ひとりひとりの生きがいをサポートする方法を見つけ出し、全委員会が連携して現実にしていく。施設の中にとどまらず、社会参加のできる働きかけをし、今を楽しく生きたいという心を引き出すサポートを行う。

記録の玉手箱

とよはし100祭サポートイベント 愛・個別ケアフォーラム<豊橋大会>(平成18年10月28日)でサンライフ彦坂が発表した論文を公開します。

0610281.JPG記録の統一と共有は他部署を含んだ職員間の連携を深め、一貫した効率的なケアプランによる介護サービスの提供に繋がります。これにより、記録の統一や共有だけでなく、職員それぞれの介護技術の統一と向上の意識に繋がっていきました。

Smile is just spirit!(あなたの笑顔は私の元気)

とよはし100祭サポートイベント 愛・個別ケアフォーラム<豊橋大会>(平成18年10月28日)でサンライフ彦坂が発表した論文を公開します。

0610281.JPG施設利用者のためと介助してきたことが、利用者本人の生活領域を奪っていたことに気づきました。利用者一人一人の自分でやりたいことを見つけ、生活の自己実現が満たされることで、利用者の笑顔は周りを心温まらせ、魅了するものに変化しました。

最近のブログ記事

ブログ休止中です。

JKA競輪補助事業完了のお知らせ
JKA競輪補助事業完了のお知らせ
このたび財団法人JKAから、平成24年度競輪補助...
彦坂の春。
彦坂の春。
ひと雨ごとに温かくなってきましたね。日差しは春を...
寿司祭りをおこないました!
寿司祭りをおこないました!
3月6日(水)寿司祭りをおこないました。 毎年こ...
お寿司のバイキングでした。
お寿司のバイキングでした。
日に日に春らしい気候になってきました。彦坂周辺で...
春が待ち遠しいですね。
春が待ち遠しいですね。
今日は朝から雨が降っています。雪に変わるかも知れ...
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ