Contribute to welfare community with our honesty and smile.


リクルート:施設の運営方針、職員のやりがい・福利厚生について

施設の運営方針・職員のやりがいについて

サンライフ彦坂夏祭り施設は利用者皆様の生活の場のひとつであり、また、介護者の都合で生活の自由や権利を制限したり、拘束したりしてはなりません。利用者本位の介護・福祉サービス提供は当然ながら、ここで生活する生き甲斐や満足を共有していくことが求められることです。あいそら羽島サマーフェスタそのために「個別誕生会」や「おむつはずし」等といった個別ケアの実践や、「サマーフェスタ」や「文化祭」等といった施設行事は利用者の生活をより充実したものにするために行われています。介護・福祉の仕事は決して楽ではありませんし、高収入でもありません。ですが、人との触れ合いや会話を通じて、共に人間性を向上していく機会にたくさん巡り会うことができます。また、施設には介護員や看護員、相談員などそれぞれの担当職務を専門性をもって遂行する職員がいます。質の高い福祉サービスは各部署の職員が、利用者の満足を中心として、相互に連携してこそ提供することができます。そこでやり甲斐や達成感を見つけ出し、社会人として向上していくことができるかどうかは皆さんの気持ち次第です。
豊橋フォーラム表彰式施設では、人事考課を通じて業務の成果を評価し、目標をお互いに相談して決めていきます。renkei.jpgそして、資格取得を奨励し、専門知識とキャリアアップを推進しています。また、様々な団体の外部研修や、事例発表会への参加を通じて、知識や介護技術の習得と成果発表の機会を作っています。
このように、施設利用者の生きがいを追求していきながら、職員のやりがいも追求していくことを考えています。

職員研修・人事考課・福利厚生について

職員研修1毎年、大学や専門学校等を卒業し、新しく社会人となって施設で働くことになる職員に対して、新人職員研修を行っています。これは社会人としての基本的マナーを身につけることや、業務の知識を教育することだけでなく、実際に勤務することになる前にあらかじめ知っておいてもらいことを学び、不安を少しでも解消できるようにするためのものです。職員研修2新人職員研修はスクーリング形式の研修と、実際に現場に入って実務を学ぶ研修を2週間にわたって行います。
その後も、施設内研修や様々な機関が実施している外部の研修に参加して、様々な知識や技術を学ぶ機会ができるようにしていったり、個々の職員の自主的な自己啓発活動を経済的・時間的な援助などを行なっていく自己啓発援助制度(SDS)を策定し、資格取得の奨励や啓蒙活動、表彰等を積極的に行っていきます。

辞令交付それまで社会福祉法人は公務員の給与体系に準じた給与規程が義務づけられていました。しかし終身雇用、年功序列を背景に定められたこの給与体系は、民間企業同様の経営努力、人材育成が求められるようになった現在の社会福祉法人にはそぐわないものになってきました。そこで当法人では、それぞれ職員の成果と目標を分析評価し、給与や昇級に反映させるといった人事考課制度を導入し、業務意識の向上と人材評価、育成に取り組んでいます。この人事考課は年2回、業務管理シートの作成と上長面談により分析、評価を行っています。

親睦会1職員の親睦と福利厚生を目的として、様々な制度があります。
職員親睦会では毎月基本給の1%を会費として、結婚や出産祝い等の給付や新人職員歓迎会、職員忘年会等の親睦行事を行っています。職員旅行1また毎月3,000円を旅行積立として、毎年、国内や海外の職員旅行を行っています。
また、退職金支払いのために岐阜県民間社会福祉事業従事者共済会(以下、岐阜県共済会)及び福祉医療機構退職手当共済に加入しており、また平成19年度からは福祉医療機構退職手当共済に加入できなくなった職員に対しては確定拠出年金制度を活用し、退職手当としています。 親睦会2福利厚生として、法定の社会保険、雇用労災保険制度は当然ながら、育児介護休業制度を定めており、出産・育児のための休職と職場復帰が認められています。(育児休業職員4人。平成20年度実績として)職員旅行2また、岐阜県共済会の福利厚生事業や福利厚生センターソウェルクラブに加入していますので、宿泊施設の優待利用や各種割引、旅行・イベントの参加等様々な福利厚生事業を利用することができます。

勤務待遇・諸手当について

法人給与規程及び人事処遇制度運用規程に基づき給与を支給し、退職手当支給規程に基づき退職手当を支給します。社会保険(健康・雇用・労災)を法定に基づき加入します。

基本給高卒142,000円~、短大卒151,800円~、大学卒168,400円~
職種、経験年数に応じて金額を決定します。
通勤手当2,800円~31,400円/月
自家用車の場合、距離に応じて金額を決定。公共交通機関の場合、運賃実費に応じて金額を決定。職員駐車場あり。
住宅手当2,000円~30,000円/月
新築又は購入により自己所有する住宅に応じて、又は自ら居住する住宅を12,000円以上で賃借する場合は家賃額に応じて金額を決定。
扶養手当2,000円~16,000円/月
配偶者、扶養親族である子、父母等に応じて、金額を決定。
特殊業務手当1,000円~15,000円/月
職種及び有資格に応じて、金額を決定。
特殊勤務手当2,000円~25,000円/月
役職等に応じて、金額を決定。
夜間勤務手当3,900円/回。平均4~6回/月
宿日直手当4,100円/回。平均1~3回/月
期末手当年3回(6月、12月、3月)基準5.25ヶ月
人事考課評価により基準の50%(D評価)~110%(S評価)の支給率とする。

施設に勤務する職員は、別に以下の特別手当を支給します。

夜間勤務特別手当2,000円/回
資格特別手当介護福祉士5,000円/月
ただし3年以上勤務する職員は10,000円/月とする。