社会福祉法人豊寿会:あいそら羽島

2008年10月アーカイブ

グッドジョブ初の外部販売!大垣桜高校へ行ってきました!

皆さん、こんにちは!先日、グッドジョブでは初めての外部販売に行ってきました。今まで、色々なイベントに参加させて頂いた事はありますが、利用者様をお連れして行く事がなかなか出来ずいました。
今回、岐阜県立大垣桜高校より「文化祭でパンを販売しませんか?」と有り難いお誘いを頂き、準備を進め、実現に至りました。

陶芸教室

あいそら陶芸教室は昨年と同様、今年も11月に愛知県瀬戸市にあるギャラリーカフェで「陶器展パート2」を行います。(詳しくは来月のブログでご紹介いたします。)それにむけて現在みんなで作品作りに取り組んでいます。
ギャラリーカフェのお客様には、「今年の施設の展示会はいつ行われるのですか?」と嬉しいご質問をいただいた方も多数いらっしゃり、心待ちにされているようです。
今年は第二回目のため、昨年よりも成長した作品を作りたい!!と生徒さん達も気合が入っています。
作品の数も参加人数も前回より増えました。作品を見に来て下さるお客様のご期待を裏切る事のないよう、今月も作品作りを頑張ります。

DSCN2537.jpg

10月のチャレンジメニュー

10月9日にチャレンジメニュー(飛騨郷土料理)を提供しました。
献立:ごはん・朴葉みそ・こも豆腐の煮物・じゃが芋のえごま和え・オレンジ
飛騨は岐阜県北部にあり、大部分は標高3000m級の山岳地帯であり、平地は高山盆地などわずかです。飛騨の小京都と呼ばれている高山が有名ですね。
朴葉みそは、朴の葉の上に味噌をのせて焼いて食べる飛騨の郷土料理です。朴の葉は比較的火に強く、食材をのせて使うのに丁度良い大きさです。朴は飛騨地方の山村で多く自生し、葉は大きく10から30cm近くの物も珍しくありません。
飛騨の冬は厳しく、漬け物樽の漬け物が凍る事もしばしばで、いろりで朴の葉を敷き、凍った漬け物をのせ、味噌を混ぜながらごはんの上にのせると、何膳でも食べられる美味しさと言われています。現在では味噌に野菜や椎茸など具を混ぜるのが定例になっているようです。
こも豆腐も飛騨独特の物で、豆腐を巻きすで巻いて水切りをし"す"が入った豆腐を煮付けます。飛騨では巻きすのことを"こも"とも言います。中が穴だらけで味がよくしみこみます。
もともと保存食として工夫された物で、人の集まる時に作られる飛騨の伝統料理です。
えごまはシソ科の植物で、原産地は中国南部とインド地方です。日本では縄文時代前半から作られたようです。
飛騨地方では、えごまのことを"あぶらえ"と呼び、古くから和え物や薬味などに使われているようです。

IMG_1863.jpg

最近のブログ記事

グッドジョブ初の外部販売!大垣桜高校へ行ってきました!
グッドジョブ初の外部販売!大垣桜高校へ行
皆さん、こんにちは!先日、グッドジョブでは初めて...
陶芸教室
陶芸教室
あいそら陶芸教室は昨年と同様、今年も11月に愛知...
10月のチャレンジメニュー
10月のチャレンジメニュー
10月9日にチャレンジメニュー(飛騨郷土料理)を...
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ